• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • 目立つ夏山と中高年の山岳遭難

    2010-12-24
    長野県内の山岳遭難が発生件数、遭難者数とともに
    1954年(昭和29年)の統計以降最高となっているそうです。

    前年同期より45件多い211件が発生、遭難者数は同47人増の

    226人に上がる。
     
    これまでの最多は発生件数2008年の182件、遭難者数が06年の222人
     
    遭難者を年代別で見ると50代50人、60代68人、70代以上23人と50代以上で62.4%を占めた。
     
    県内の山岳遭難、件数人数とも過去最多に目立つ夏山と中高年
     
    今年は特に暑かったので登山ブームもあって多くの中高年の方
    が登山したんですね。
     
    登山も体力勝負かと思いますので私などは登山はチャレンジ
    したことなしです。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.