• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • 高齢化と単身化が都市を襲う「2020問題・2030年問題」

    2010-12-26
    元厚生労務事務次官の辻哲夫東大教授は「どの国も経験したことの
    ない高齢者の急増が大都市圏を津波のようにのみこみお手上げ状態
    になりかねない」と指摘。
     
    「2020年問題」は20年代団塊世代は後期高齢者になる。毎年の死亡者は150万人に達し出生数の2倍になる。高齢化率は30%を越す。
     
    「2030年問題」は未婚や離別、中高年となる団塊ジュニア前後の男性に単身化が進む、60代で見ると05年に10%だった一人暮らしの割合は30年に25%、女性も50、60代で単身化が進む、男女合わせた一人暮らしは4割に迫る。
     
    未婚率の上昇が背景にあるそうです。
     
    30年の時点で生涯未婚率は男性は3割に女性は2割を超えるとされる。1990年生まれの女性の場合3分の1以上が子を持たず半数が孫を持たない計算だ。
     
    高齢化と単身化が襲う「2020/2030年問題」
     
    1990年生まれで有名な人はフィギュアスケートの浅田真央さんですがこの世代が2030年になると3分の1が子を持たなくなるそうなんです。
     
    それは大変な時代になってしまいますね。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.