• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • 「愛は4年で冷める」説

    2010-12-29

    ラブモードを作るPEAは天然の惚れ薬。PEAは効用や
    陶酔など会館をもたらすと同時に全身の痺れやだるさが
    症状としてでます。
     
    恋をすると何も手につかない状態がこれ。PEAは恋愛
    初期段階のドキドキを感じると分泌され永く付き合って
    相手に慣れてくると分泌量は減少。
     
    抗うつ剤としても使われるほど強い脳内麻薬なので
    PEAが分泌され続けるのは脳にとって異常事態。
     
    そのため自然と量が調節されるのですが
    その寿命がおよそ3年これが4年説のベースとなっ
    ています。
     
    「愛は4年で冷める」説徹底検証
     
    ということは男性が先に好きになって男性の気持ちが
    おちついてきたころやっと女性の気持ちが盛り上がる
    パターンをよくききますが男性が先にEPAが分泌量
    が多くなって女性はその分泌量が多くなる時期が
    遅れるのでしょうか?
     
    そうですとこの理由が納得できます。
     
    少し勉強していこうかと考えています。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.