• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • お見合いは感じ良い感触だったけどNOが出た理由

    2010-12-22
    お見合いを何人かするなかでこういった質問が男性からよくあります。
     
    「お見合いでの感触は良かったたのにお相手からの返事はNOが来たのはどうしてですか?」です。
     
    逆にお見合いの感触がよくなく交際希望の返事はこないと思ったのに交際希望がきた。
     
    こういった現象がおきることがあります。
     
    お相手からの返事でNOの返事に関してはNoのはっきりとした理由は本人にはお応えしていません。
     
    その理由は「お断りの理由をはっきりとこたえてもらえない」からです。聞いても「なんとなく」とか「フィーリングの違い」位の理由です。だから本音の回答がこないのでご本人に説明のしようがないのです。
     
    それでさきほどの質問に対して説明しますとマンションを賃貸する時の事例をだします。
     
    マンションを選ぶときは一挙に数箇所を目星つけてまわることが多いかと思います。そのとき物件を閲覧させてもらった営業の方にはそのマンションの感想をそれとなくコメントはしていると思います。
     
    そのコメントは「なかなかいいじゃない」が多いかと思います。
     
    実際に思った感想なのでそのままその通りの感想なんですがそこでその営業の方は会社に戻って「なかなかいいじゃない」とのコメントで感触良好ですと報告します。
     
    それで数日経過してその物件を注文すと思いきやその注文の連絡はこないまま・・・・・。
     
    こういったことっておきると思います。
     
    お客さんは何件か回ってみんな甲乙つけがたい感触である程度差はない。しかしちょっとの差で最後の物件に決めただけなんです。
     
    ほかもいいところはいい。でもなんとなくちょっとの差で決めた。
     
    こんな感じです。
     
    お見合いでもちょっとの差でほかのお見合いの方へYESをしただけなんです。その方もよかったことはよかった。しかしほかの方はもっとよかっただけです。
     
    ではお見合いの感触がよくなく交際の返事が来た場合はどうなのかと申しますとその方は緊張してたりうまく表現することは苦手。でも家に帰ってよく考えてみたらNOでもなく進めてみたいだから「YES」です。
     
    こういった心境だけではありませんがお見合いの場面で感触いい、良くないがそのまま結果に反映されないことがよく起きます。
     
    結果は結果がでるまでは気をぬけないです。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.