• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • 出生率欧州トップの秘密フランス

    2011-01-03

    フランスでは1人の女性が一生の間に産む子供の数である合計特殊
    出生率が国連などの調査で2.00と日本(08年は1.37)などをはる
    かに上回っている。欧州一を誇る出生率を支えるのは「人口は国力」
    との考えに基づいたさまざまな施策だ。
     
    フランスでは出産した女性には収入とは無関係に889.72ユーロ
    (約10万円)の祝い金と子供が3歳になるまで毎月177.95ユーロ
    (約2万円)が支給される。母親もしくは父親のみで子育てをしている
    家庭や身体障害児のいる家庭にも特別手当が支給される。
     
    こうしや家族手当を紹介する政府の小冊子は約30ページもありさま
    ざまな手当や条件が詳細に記されている。各市町村の役所には家
    族手当局が設置され専門員が複雑な計算なども行ってくれる。
     
    経済協力開発機構(OECD)によるとフランスの家族政策に関する
    予算は518億3920ユーロ(約5兆9000億円)でGDPの3%。
    日本は4兆735億円でGDPの0.81%とOECD加盟国平均の
    2.4%を下回る。

    出生率欧州トップの秘密フランス2.00「人口は国力」

     

    各国の合計特殊出生率

    (国連人口推計2008年版より)

    フィリピン 3.11
    インド 2.76
    マレーシア 2.58
    インドネシア2.19
    アメリカ合衆国 2.09
    ベトナム  2.08
    ブラジル 1.90
    フランス 1.89
    イギリス 1.89
    タイ 1.89
    ドイツ 1.32
    シンガポール 1.27
    日本 1.27
    韓国 1.22
    中国 1.22
    香港 1.02
    マカオ0.95
     
    参考 各国の家族関係社会支出の対GDP比の比較(2003年)
    OECD : Social Expenditure Database 2007 より
     
    スウェーデン 3.54%
    フランス 3.02%
    イギリス 2.93%
    ドイツ 2.01%
    イタリア 1.30%
    アメリカ 0.7%
    日本 0.75%
     
    支出の負担と少子化対応の成果でかなり悩むところですね。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.