• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • 出産育児一時金来年度以降も42万円維持

    2010-12-28

    厚生労働省は「出産一時金」を来年度以降も現行と同じく
    原則42万円とする方針を明らかにした。
     
    一時金の支給額は出産費用の実勢価格に応じて法令
    などで規定されている。現在は原則38万円とされているが
    少子化対策の一環として今年度末までに42万円に引き上
    げられていた。
     
    厚労省がお産の費用を調べた結果全国平均で約47万円
    3千円に上ることが判明。42万円の現行水準を継続する
    必要があると判断した。
     
    出産一時金来年度以降も42万円維持厚労省方針
     
    少子化対策が急務となっている昨今でこの42万円維持は
    もちろんこれより下がらないようにしてほしいものです。
     
    出産についてはお金がかかることで生む機会が少なく
    なることはないようにしたいですね。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.