• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • 少子化対策企業の出産祝い金

    2010-12-31

    社員の家庭で第1子が誕生したら100万円の「次世代育成一時金」
    を支給するのは大和ハウス工業。第2子以降も子どもが1人誕生
    するごとに100万円を支給する。
     
    ベビー用品大手コンビは第1子、第2子誕生でそれぞれ50万円の
    「出産一時金」を支給、第3子なると200万円にアップする
     
    戸建て住宅の販売を手がけるアキュラホームは「しあわせ一時金」
    として第1子に30万円、第2子に50万円、第3子以降に100万円を
    支給。
     
    通信大手ソフトバンクの「出産祝い金」は第1子が5万円、第2子が
    10万円、第3子100万円、第4子300万円、そして第5子以降は
    500万円が支給される。
     
    大和証券グループ本社、富士フイルムホールディングス、レンゴー、
    カーセブンディベロプメントなどが第3子以降について100万円を支
    給している。

    菅見習え!“少子化対策”企業の太っ腹 出産祝い金500万円だぁ

    企業でも出産に対して支給することで福利厚生が厚くなり社員も離職が
    少なくなりいいことなんではないでしょうか?
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.