• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • banner

    婚活婚約報告#0008

    (スタッフ)活動してみて結婚相談所で活動する前にイメージと活動したあとのイメージは何か思うことはありますか?
    (会員さん)日常普通では出会いのチャンスがあまりないのに対して結婚相談所を通すといろいろな方(たくさんの方)に巡り合うことができるのでそれだけ出会いのチャンスが多いと思いました。その中でいろいろな方がいるんだと思いました。
     
    (スタッフ)今回の結婚が決まったお相手とは比較的最近の出会いかとは思いますが最初の印象はどうでしたか?
    (会員さん)そうですね。歳の差はあるのですけど若々しく見えてとても優しくて誠実そうな方だったので大変好感がもてました。
     
    (スタッフ)最初のお見合いの場面から「この人とは結婚をするかな」というイメージはありましたか?
    (会員さん)そんなことはなかったのですけどお話しをしてみて10分から15分頃からもしかして「この人とやっていけるかもしれない」ということを思いました。
     
    (スタッフ)どんなとこころで結婚するかなと思えたのですか?
    (会員さん)第六感が働きまして。
     
    (スタッフ)この方とは勘ですか?
    (会員さん)そうですね。
     
    (スタッフ)結婚しましょうとの告白はあったと思うのですがどのような感じかよろしかったら教えていただけますか?
    (会員さん)「すべて自分だけは信じて僕のところに来て欲しい」という感じでした。
     
    (スタッフ)はいその告白に対してその場でご返事しましたか?
    (会員さん)はいそうです。
     
    (スタッフ)何ていいましたか?
    (会員さん)「よろしくお願いします。」と
     
    (スタッフ)つい最近ですよね。鮮明ですよね。
    (会員さん)はい
     
    (スタッフ)今日(成婚)に至るまでどの位でしたでしょうか?
    (会員さん)1ヶ月弱です。初めてお会いしてから実際プロポーズを受けるまでは2週間位です。
     
    (スタッフ)あれよあれよと言う間にですよね。
    (会員さん)はいそうですね。
     
    (スタッフ)具体的に結婚後のイメージ(準備)はされているのですか?
    (会員さん)はいお相手は大変積極的な方ですのでお互いに婚活をするにあたってお相手はこういう方がいいというイメージははっきりとあったので結婚が決まるまでとても早かったです。
     
    (スタッフ)遠距離の方との結婚に至った事に対してのお気持ちはいかがですか?
    (会員さん)私自信東京で生まれてほとんど人生の大半を東京で過ごしてきたので東京近郊の方と当然結婚するのだと思っていましたがお相手が毎回飛行機で会いにきてくださるのと毎日朝夕とメールをしていまして会えないときにとても寂しさが募ってしまったのです。いつでも会えると思う人とめったに(努力しないと)会えないと思うと(この縁を守ろうと)お互いに必死になっていました。
     
    (スタッフ)遠距離が功を奏したということですね。
    (会員さん)はいそうですね。
     
    (スタッフ)やはりお気持ちは大事ですよね。
    (会員さん)はい。仕事の帰りにちょっとでも会う気持ちがあったらとは思うのですけれど隣(地域に住んでいるから)だからといって、すぐ近くなんだからと思うのですがその気持ちが・・・・
     
    (スタッフ)やはり募る思いがあって気持ちが前に進むと結婚したいよねと気持ちに発展するのかもしれませんね。
    (会員さん)いつの間に週末に向けてどんな事をしてでもお相手とお会いする時間を見つけてと言う自分がいました。
     
    (スタッフ)お互いに時間を作ろうという勢いがあったということですね。
    (会員さん)そうですね。
     
    (スタッフ)最初からお相手にはお医者様との意識はあったのですが今回こういったカタチで結婚が決まりましたが初志貫徹ができたことに対してどう思いますか?
    (会員さん)夢は諦めるものではないものだなと思いました。努力をしてへこまずに夢を持ち続けて頑張っていれば夢は実現するものだなと思いました。
    (スタッフ)今回結婚相談所で活動する中で結婚という結果をとるための何かポイントがあれば教えてください。 (会員さん)自分のビジョンを明確に持つこととこういった方がいいと決めておくこととあと少々の妥協点というか余白というか許せる範囲、許せない範囲ってあると思うのですけどそれを作っておいてここまではOKここまではNGとか範囲を決めておくといいと思います。ただお相手に対して条件が厳しすぎるとストライクゾーンがどんどん狭くなってしまうので訳のわからないまま(自分の気持ち)お見合いでお相手とお会いしてもいい結果は生まれないと思うのでこういった人がいいという明確なビジョンを持つことが大切だと思います。
     
    結婚はいつか決めるものではなくて縁を結びにいくものだと思います。
     
    (スタッフ)いい言葉ですね。
    (会員さん)そのぐらい掴みとる(わしづかみ)位の根性がないと。男性の中にまあいい人がいたらといく軽い考え方をする人がいるけど趣味に没頭してしまう人がすごくたくさんいるんです。毎週ゴルフに行ってますとか。「じゃあいつお会いできるんですか?」といったらとってもお会いする時間としては苦しい時間帯とかに指定されたりとか「もうその時間お会いできないんだったら俺は合わない」といってくる人とかたまにいるんです。お相手に時間を合わせていくのも大変ですしまたゴルフをそんなに仕事とか商談とかが絡んでいたりとかでしたらいいんですけど「友達と一緒に行って何スコア打った」っていう話しをする人がいるのですけど趣味に没頭する時間も人生の中には大切だとは思いますが今は婚活と決めたら私の場合は趣味の海外旅行も行かずにずっと婚活を休まずに続けてきたことでお陰様でずっと交際相手が途切れることはなかったので常に誰かと交際している状態でした。
     
    (スタッフ)最初に結婚相談所で婚活を始めたばかりの自分の結婚(お相手)に対する価値観と現在持っている価値観とは変わってきたのですか?
    (会員さん)様子をみることも大切だと思います。
     
    (スタッフ)結婚することはこういうことがいいよねという軸たるものの優先順位は変わってきたのですか?
    (会員さん)そうですね。私の場合は世間知らずのお嬢様といった部分があるのと父が会社を経営しているので仲の良い友人にも敬遠されることが多かったです。だけど婚活でお見合いの機会をたくさん与えてくれた中でそれについては人の価値観の問題なので(私の環境について)気にしないと言う方もなかにはいてくださったので人の価値観はそれぞれですから価値観の会うかたに関しても会ってみるまではどういった方かはわからないのでたくさんの方とお会いするのは重要なことだと思います。
    またお会いした方からこういった価値観もあるという見方を教えていただくこともできたのですごくいい勉強になりました。
     
    (スタッフ)お見合いのスタイルだと条件から入っていくので異性として思える人が出てくるかどうかなかなか難しいんじゃないかという人の話しがよくありますがそれに対して今のお気持ちはいかがですか?
    (会員さん)確かに警戒心から消極的な気持ちから緊張しながらお見合いをしていたと思うのですが交際に入って何度かお会いしているうちに普通の恋愛とあまり変わらないような感じになっていくものなんですね。不思議なんですけど出会いは人を介してだろうが結婚相談所を介してだろうが友達からの紹介だろうが出会いはどうであれ肝心なのはその方とのお付き合いだと思うのですよね。
     
    (スタッフ)短期で見ず知らずの人と知り合って短期で進めていくにあたって情たるものもしくは異性としての思えるかどうかそういった部分に関して思えてしまうんですね?
    (会員さん)思えたからこそ結婚に至ったのでしょうね!
     
    (スタッフ)人によってはスイッチの入り方が全然入らない人もいるし人によりけりですけど
    (会員さん)自分のピンと来た方に合えば時間は関係なく変わるものだと思います。私の場合出会って1ヶ月で結婚を決めてしまいました。
     
    (スタッフ)決め手は何ですか?
    (会員さん)やっぱり人柄と条件も半分なんですけど何よりも気遣いしてくれたのはとても嬉しかったですね。あと地震も私の心をもっと婚活へとつき動かしてくれたと思います。
     
    (スタッフ)具体的にいいますと?
    (スタッフ)私の友人が結婚しているのですけど旦那様から地震の時にメール来たりとかするのに対して私が連絡とったのは実家に父・母だけだったのですごく寂しく思えましたし余震がある度に一人暮らしなので不安に思えました。こんな時にやはり旦那さんがいてくれたらといった思いがあったので地震のあとはもっと婚活してがんばろうと思えました。

    (会員さん)友人のレベルだと1週間後「あの時大丈夫だった?」となるのですけど地震が起きた瞬間に恋人とか夫婦とかはすぐに何とかして連絡をとろうと思うのですが私の場合実家一本かければよかったのでそれで終わってしまったんです。一人暮らしなので家に電話かけてもだれもいるわけではないので、友人とかですと何日かしてあの時大丈夫だったというのですけどそのときに本当に寂しさ感じました。
     
    (スタッフ)地震から婚活のスイッチも入ったし価値観も変わってしまったんですね。
    (会員さん)そうですね。
     
    (スタッフ)そういう意味では今回結婚する方とお会いしたのが8月だから活動としてスイッチが入って紆余曲折がありながらも結婚にいたったとお相手と大事な価値観を共有しようという方があらわれたんですね。
    (会員さん)もうひとつあるんです。熱中症で倒れましてやっぱり一人なんだと思いました。脱水症状だったので動けなかったんです。本当は救急車呼びたかったのですが一人暮らしのマンションだったので一人だったので恥ずかしくて呼べなかったんです。もうすぐ死ぬかもしれないときに誰も看取ってくれる人がいないしもしかして死んで何日も発見されないかもしれない。脱水症状って復活するのに2日3日かかるのですけどあのときはCMで節電を呼びかけていたから自分もエアコンを切っていたのですけど本当に熱中症になってしまって本当は病院に誰かについていってもらいたかったんですけどそのあと自分でタクシーに乗ってお金を払った記憶もあまり覚えてなくて病院についてすぐ倒れて看護師さんに声をかけられたらきずいたら4時間経っていたんです。
     
    (スタッフ)そういった時は誰か隣にいてと思いますよね。
    (会員さん)本当に思います。親元から離れているのはすごく悲しく思えたのですけど自分は自立した大人の女だと思っていたのですけど実は誰もたよる人がいない寂しい女だったんじゃなかと。もうすぐ死ぬかもしれない思ったときに最後に求めたものは愛だったのです。愛する人が欲しい。家族が欲しい。
     
    (スタッフ)熱中症になったのは?
    (会員さん)7月中旬です。
     
    (スタッフ)熱中症になって以降今回結婚する方と半月で出会ったんですね。
    (会員さん)いついいご縁というのは落ちているのかはわからないので本当に婚活中の自分の趣味の旅行は止めたほうがいいと思います。婚活中どこの期間でいいかたと知り合って交際に順調にきているのに旅行に行ってしまったり他の自分の予定を入れてしまったりするといい順調な(婚活の)流れが途切れてしまうんです。
     
    (スタッフ)私もうるさくしの件はいってましたからね。
    (会員さん)一回切れると後戻りできないですからね。気持ちが元に戻らないというか交際期間は3ヶ月短い期間で決めなくていけない。最初3ヶ月は短いと思ったのですけどむしろ3ヶ月は長い位ですね。(決断するには)
     
    (スタッフ)交際3ヶ月というタイミングは本当に3ヶ月では決められない人は決められないよねと思います。
    (会員さん)韓国のドラマをみるのですけど100日ルールっていうのがあって出会って100日目に男性が女性にお花を渡すというのが韓国ドラマであるのですけど結局3ヶ月ルールは90日なのでだいたいどの国でも男女の間で3ヶ月って目安なんじゃないかなと思うのです。
     
    (スタッフ)不思議にその期間というのは決めるのに大事な期間かもしれませんね。
    (会員さん)その3ヶ月の中で一度でも不審に思ったりとか流れが途切れてしまうと不思議なもので3ヶ月では修復不可能ですね。

    (会員さん)いつかは結婚できると思ってる方よりも結婚への勢いがある方と一緒にいないと結婚話しなどありえません。一緒に食事して終わるだけで女性はどんどん太っていくだけです。だから勢いのある結婚相談所に入って勢いのある方と会わないとなかなかいいご縁とチャンスには巡り会えないと思います。
     
    (スタッフ)自分なりに勢いがあっても相手が勢いがないと進まないですしね。
    (会員さん)おつきあいの途中でお相手が旅行に行かれてしまった事があるのです。海外旅行の方にしかも10日間程行かれてしまってその時はご縁が切れたと思いました。スタッフからお見合いをどんどんくんでいただいたのですがそんなにお見合いできないよと思いましたが実際にここまでお見合いをしないとお会いするまでお相手の方のお名前もわからないしどういう方かもわからないしプロフィール写真とは髪が長くなったり短くなったり染められたりいろいろ変わってくるので実際に会ってみるまで本当にわからないのでたくさんお見合いすることは必要と思います。
     
    (スタッフ)すごくいろいろな気ずきがあったし人生勉強になったかも知れませんね。
    (会員さん)そうですね。すごく人生勉強になったし今後の人生何が起きても大丈夫と思います。
     
    (スタッフ)自信がつくでしょう。
    (会員さん)日常で生活をしていてこんなに良い方達とお会いできるチャンスなどなかなかないのですがやっぱり自分から縁は結んでいかないと駄目だと思います。
     
    (スタッフ)いいこと言いますね。
    (会員さん)ありがとうございます。
     
    (スタッフ)お見合いのおすすめの洋服の色は暖色系がいいのですか?
    (会員さん)温かい女性に見えるように温かい色の洋服を着ていきました。あと男性は結構ワンピースが好きなので洋服がおかげ様でワンピースだらけになってしまいました。あと清楚に見えるようにお化粧はあまり色物はつかわずにナチュラルメークを心がけました。
     
    (スタッフ)派手系メークはお見合いでお相手の受けは良くなかったですか?
    (会員さん)そうですね。お見合いの待ち合わせの場所に行きますと婚活ラッシュなので何人もお見合いで待っている方がいるのですがその中で柄物の派手な洋服を着ている方がいらしたのですけど男性はいやそうでした。
     
    (スタッフ)柄物でないシンプルな洋服ですか?
    (会員さん)そうですね。今日はボーダー柄の洋服を着てきたのですが単色の暖かみのある白とか濃いピンクとかですね。
     
    (スタッフ)調度写真館(アトラージュ銀座がおすすめしている)で推奨している洋服のパターンと同じのをお見合いに使った方がいいということですか?
    (会員さん)そうですね。あとネイルも派手なものは避けて手元が美しく見えるようにした方がいいと思います。
     
    (スタッフ)ネイルも関係ありますものね。派手系は良くないですよね。
    (会員さん)そうですね。ブルーとかは遊びに行くのにはいいかも知れませんが、婚活には男性はネイルに対していい印象持っている男性がないのでただ手元は奇麗にしておいた方がいいので上品に見えるようにフレンチ系がいいかと思います。コーヒーを飲むときにも手元が奇麗に見えるようにするといいと思うのですけどそのときに男性がなにげに見ているのでネイルは濃い色のものとかよりは上品な色合いのフレンチ系が男性が好感を持つと思います。あと女らしさを感じるようです。
    (会員さん)もう1回会いたいと思うようにしないと駄目だなと思います
     
    (スタッフ)もう一回会いたいと思わせる女になるにはどうしたらいいですか?
    (会員さん)男性は外見から入っていきますから趣味の範囲から婚活用にシフトすることだと思います。 
     
    (スタッフ)何をシフトするのですか?洋服などのスタイルですね。
    (会員さん)そうですね。お金にも限界ありますから。やっぱり白は普遍だと思います。目立ちますから逆に白を着ている人が少ないので冬でも白です。男性はレースも好きです。
     
    (スタッフ)男性も参考にしないとですね。
    (会員さん)こういう色(写真)のワンピースはいいと思いませんか?男性からは人気もありますし白は清純さを表すと思います。
     
    後日ティファニー銀座でオーダーメイドの結婚指輪と婚約指輪を購入していただいたそうですのでご報告にこられました。
    ハート型の珍しい形の指輪でこんな形の指輪は初めて見ました。
    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.