• トップページ
  • 内容/料金
  • 資料請求
  • 無料相談予約
  • 24時間問い合わせ
  • banner

    右脳で婚活

    右脳で婚活を推奨する意味

    婚活は男女が気に入ったお相手と一緒に家庭を持つお相手を探しお互いが折り合いがつくかどうかを模索するものですがそのなかで理性と本能といった面でどちらが重要かということを考えておきたいと思います。

    理性は結婚相談所の場合は端的に条件項目かと思います。また本能は異性のフィーリングといいますか異性として気にいるかどうかということです。

    これは特に女性が悩む事が多いのですが

    (1) 条件としてはいい方ですが男性として認識できない。

    (2) 男性としては意識できるが条件面で納得できない。

    こういった場面に直面します。

    この場合は(2)を選ぶようにしています。

    何故かといいますと

    (1)は男性として認識できないものはどんなに頑張ってもなかなか気持ちは変えられない。

    (2)は男性として意識できればあとは条件については調整しながら進めば次第に納得できる着地点をみつけられる。

    こういった理由からです。

    どうしても異性ということになりますと異性として認識できるかどうかは大きな問題でここをクリアしていかないとなんとも次がないように思えるのです。

    そこで異性を認識することを大事に仕組みを考えていきますと本能が大事にということで本来は異性を認識する脳の箇所は右脳ではないらしいですが便宜的に右脳で理解していこうという表現になりました。(右脳は理論よりフィーリングや感覚を司ると聞いてますのでそうしました)

    右脳で婚活するメリットとは

    右脳をフル活動して婚活しますとメリットがあります。

    条件面で選んだお相手と「本当は異性としては考えられないのだけども・・・」といった悩みはなくなります。

    異性として意識できる方ですので本気でおつきあいできます。

    本気でおつきあいしますからその方の良さを本領発揮する意味があります。

    子供さんが欲しい方はそこを意識しながら進めます。

    女性らしさが自ずからでてきます。

    本気で射止める気持ちが出ますから知恵もでます。

    本来こうすべきなどの「べき」といったカタチからの事でなく本音で納得して進みやすくなります。

     

    どのように右脳で婚活するのか?

    結婚相談所で活動する場合で説明します。本能重視でいくことになりますので実際にお相手とお会いすることがとっても大事です。お相手とお会いしないことには異性として理解できるかどうかがわからないからです。

    たまにプロフィールだけで判断してしまう方がいますがその判断はあくまでもデータだけの判断ですので写真がついていてもまったく異性の度合いなどは判断つきません。

    ですのでお会いできる環境にあるのかないのかがとっても大事になります。

    これは基本的なことですがここが飛んでしまってただデータ眺めだけして何も進まない状況になっている方がいます。

    ここをしっかり理解しましょう。

    あなたは何人/月お見合いできていますか?

    もしお見合いがほとんど出来ていない場合はご本人の努力が足りないのではなくそのシステム(仕組み)に問題があります。お見合いができていない仕組みではないですか?

    その方(会員さん)はその仕組が良い仕組みかどうかはわからないかもしれませんが実際にお見合いが組めていないとなりますと仕組みがよくないということがおおいに考えられます。いや仕組みこそがうまくいっていない原因なんです。

    もしお見合いが出来ていない場合は2通りの対応があります。

    (1)パーティーに参加する。

    (2)他の結婚相談所に移る。

    もしお見合いができているのならあとは一定の確率で交際になる可能性は大きいのです。

    お見合いはお相手とのバリエーションの問題で決して一人お会いしたからって交際になる訳ではありません。

     

    では一定の確率とは何かといいますと私の意見ですとお見合い5人に1人が交際(交際確率20%)です。

    その位の率で交際になります。もし信頼できない方は実践してみてください。

    お見合いできましたら実際お会いする中で本能を呼び覚まして理解する努力をしましょう。

    といいましても今まで交際になっていなかった方やしばらくの間交際を忘れている方は忘れて閉まっている可能性もあります。

    そういった方は次へ繋げる努力をしましょう。

    感性が鈍っているのでお会いした方となんとなくでも交際になりましたら何度かデートをかさてている間に思い出しましょう。

    もしデートを何回もしても異性と感じない場合は交際を終了しましょう。

    しかしデートの期間はその方によって違いますので短い方で1ヶ月長い方でも2ヵ月(毎週

    デートが鉄則です)

     

     

    Copyright(c) 2010 アトラージュ銀座 All Rights Reserved.